Facebookはオープンで使い方が簡単なSNSとして人気がありますが、基本データ情報を詳細に設定することで、古い友人や知人と繋がりやすくなるため、より有意義な使用が可能となります。

Facebookデータ情報の変更方法

基本データ情報の設定は、Facebookページにログインし、プロフィール画面にある「基本データ」タブで行います。

Facebook基本データの種類

基本データには、
 
概要
職歴と学歴
住んだことがある場所
連絡先と基本データ
家族と交際ステータス
詳細情報
ライブイベント
 
等のセクションがあるため、
入力したい項目をクリックすることで更に詳細な情報を設定することができます。
 
 
概要は他の項目を設定することで表示されるため、概要以外の部分を設定します。「職歴と学歴」では、職場、仕事上のスキル、出身大学、出身高校の情報を入力します。
 
職場を設定する場合は「職場を追加」をクリックし、勤務先や職場での肩書き、職場の市区町村、説明、在職期間等を入力できます。

Facebook基本データを再編集する場合

既に入力済みのものを修正する場合は、職場の部分にマウスカーソルを移動させると右側にオプションメニューが表示されるため、編集をクリックし編集画面へと移動し修正します。変更した場合は、変更後に必ず「変更を保存」をクリックし、変更を反映する必要があります。
 
 
このほか、「住んだことがある場所」では、現在の居住地や出身地のほか、過去に住んだことがある場所も設定できるため、より見つけやすくなります。
 
 
「連絡先と基本データ」では、携帯電話番号やFacebookアドレス、ウェブサイトやソーシャルリンク、個人情報の基本データとして誕生日や性別、血液型、恋愛対象、使用言語、政治観など、各種情報を入力できます。
 
 
ここで入力した情報は必ず全て公開されるわけではなく、設定により公開範囲を狭めることも可能です。個人情報を積極的にオープンとする場合は、友人知人が見つけやすくなる反面、世界中に個人情報を公開することになります。
 
 
一方、公開範囲を友達に限定した場合は、安全に利用できる反面、旧友から見つけづらくなります。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう♪♪♪

Twitter で

▼無料メール講座はこちら

▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です